外壁塗装・DIYや塗料など住まいの情報を配信してまいります。

025_convert_20120329164116

ウッドデッキの色がくすんできたり、DIYで制作した木製の椅子やテーブルのペンキが剝れてきたなど、ちょっとした塗装でしたら、なるべく費用ををかけずに自分でメンテナンスをしたいと考えている方も、多くいるかと思います。

しかし塗装や塗料に慣れていない方は、どこでペンキを購入すればいいのか?どんな種類のペンキがいいか?古い塗料の剥がし方はどうすればいいのか?

そんな木材の塗装方法に付いての疑問をプロが一般の方でもDIY塗装できるように簡単にご説明してまいります。

 

木材の塗装やメンテナンス方法

9cdc94e8219a541b29bd7650b4148559_s

これから、新品の木材を使ってDIY塗装したいんだけど、とお考えの方はまずどのような仕上がりのイメージで進めていくかによって作業内容が変わってきます。

仕上がりの質感や方法手順をご説明してまいります。

オイルステイン塗装はDIY初心者でも簡単

025_convert_20120329164116

まずは、初心者でも簡単に塗装を楽しめるオイルステインのご紹介をしてまいります。

オイルステインとは通常の塗料を、シンナーなどで薄め木材に吸い込ませて、木目を出し重厚感や木材の保護をする塗装方法です。

シンナーなどを使用する油性の溶剤塗料は、刷毛や容器などもシンナーで洗浄します。

手や体などに付着したら嫌だと言う方には、水性塗料を使った水性ステインをおすすめします。

オイルステイン塗装の施工方法はとても簡単で屋外に使用する木材にはオイルステイン塗料をおすすめします。

オイルステイン塗料もしくは、お好みの色の油性塗料を20%に対して塗料用シンナーを80%で薄め、木材のささくれや、ざらつきを♯360のペーパーで木材の表面を軽くなめらかにした後、画像のように刷毛やローラーで塗装する施工方法です。

水性塗料でも、塗料20%に対し水80%の希釈率で水性ステインがお好みの色で調合できます。

※屋外に使用する場合は油性塗料をおすすめします

ポイントは塗装直後に(1分後くらい)にボロ切れなどでゴシゴシふき取るとペンキのムラが無くなり簡単でキレイな仕上がりになります。

塗料の吸い込みの激しい個所にはもう一度、再塗装してウエスでふき取ります。

木材の切れ端などで試し塗りをして、色を確認してから塗装する事により失敗を防げます

濃い色を選んだら薄い色に戻せませんので、薄い色⇒気に入らない時は、重ね塗り。もしくは濃い色に変更する事により、色選びの失敗を防げます。

ビンテージワックスで木材の保護

1472105244

オイルステインの代わりに木材の保護や着色用として、塗料メーカーなどからビンテージワックスが販売されているにはご存知でしょうか?

使用方法は靴墨と同じようにウエスやブラシに固形のワックスを付け木材に塗り込み30分程度なじませてからウエスなどで、ふき取る方法です。

塗装後よほど丁寧にボロ着れで拭き取らないと、細かい入り隅や木目の内部にワックスが残ってしまうので、最近の流行の商品ですが固形のワックスを塗りこむ作業と、それをふき取る作業は一般の方にはなかなかの労力です。

テーブルやイスに仕様する時に服などの色移りの心配もありますので、施工後は必ずコーティングを行って下さい。

木材のコーティング

s171_1

続いてコーティングの役目のニスですが、一般の方には施工方法が難しいため、あまりおすすめできません。

施工方法が難しいとは、刷毛目が出たり、ツヤの色むらやニス自体たれやすいという理由です。

しかしコーティングをしないと木材の塗装は長持ちしませんので、そこでワックスをおすすめします。

ワックスの機能的な働きを簡単にご説明しますと、油で雨水を弾くと考えて頂ければ、ご理解いただけると思います。

どのメーカーのワックスがおすすめと言うのは特にありませんが、木部用のワックスでしたら、固形タイプ、スプレータイプなど様々な商品が販売されていますので車と同じで美観を長持ちさせたい方は、マメにワックスの手入れをおすすめします。

 

shopping

8538342_ll1

住宅の木材の傷み状態をチェック!

住宅の木材が雨水や紫外線によって腐敗してしまうと、建物を支える力がなくなり、家の耐久性が一気に落ちてしまいます。

恐ろしい腐敗から守るために、木材の性質と塗料との相性についても把握しておきましょう。

木材の腐敗ってどんな状態?

腐敗とは、物が腐って見た目も悪くなり、臭いを放つようになった状態の事です。

物が腐敗してしまう原因は、主に微生物の働きですが、紫外線や雨水、湿気なども、微生物の働きを促進させ、腐敗の原因となってしまいます。

家づくりの材料には、木材や鉄骨、コンクリート、プラスチックなど、様々な素材が使われています。

その中でも、木材は特に外気の影響を受けやすい素材です。紫外線や雨水に長期間晒され続けた木材は、次第に黒ずんでスカスカの見た目になり、腐敗が始まってしまいます。

imgp2411

外に晒されている木材はこまめな点検を!

屋外に晒されている木材は、その性質上、どの塗料を使っても長期間保護し続ける事はできません。

塗装してわずか数週間で傷んでしまう程ではありませんが、湿気の多い地域や、海沿い・沿岸部のお宅では、比較的早く劣化が始まってしまいます。

外壁材や屋根材の点検周期は、約10年に1度が目安ですが、木材部分は約3〜5年に一度、状態を確認し、できれば構造材まで腐敗が浸透していないかどうかも点検しておきましょう。

木製の家具や小物を使って、ペンキ塗りにチャレンジ

外壁に使われるような高性能の樹脂製塗料以外にも、天然素材で作られた安価なペンキも市販されるようになりました。

外壁の塗装や補修に使う事はできませんが、家具や小物のリメイクを手軽に楽しむ事ができます。

ペンキと塗料の違いを知って、オリジナルの家具作りに挑戦してみましょう。

家庭用のペンキと外壁塗装用塗料の違い

ペンキと塗料は同じ意味で使われる事もあり、ややこしい存在ですが、ペンキと名の付く商品であれば外壁の塗装にも使えるかというと、そうではありません。

外壁の塗装には、紫外線に強い性質を持つ物や、雨水で汚れを浮かす物など、特殊な性質を持つ塗料が使われています。

これらは樹脂製塗料と呼ばれる物で、戦後の科学技術の発展と共に改良され、大量に生産されるようになりました。

一方、現在ペンキとして市販されている塗料のほとんどは、戦前から使われてきた塗料で、高耐久性の特殊な成分はほとんど含まれていません。

百円ショップで売られている水性塗料や、ホームセンターの安価な塗料は、薄い塗膜を作って見た目を鮮やかにする事はできても、耐久度は高くありませんので注意が必要です

家具や小物できるペンキリメイクの例

007l

手作り家具の仕上げに

ご自身で作られた家具や棚などの仕上げには、外壁塗装用の効果な塗料よりも、市販の安価なペンキが適しています。

表面に塗装が施されていない木材であれば、ヤスリ掛けをした後にペンキを塗り、1度目のペンキが乾燥した後に再度2回塗る事で、ムラなく塗る事ができます。

家具のリメイクに

古くなって表面が傷んできた家具や、色をアレンジしたい家具などがあれば、ペンキを塗って新品に近い状態にリメイクする事ができます。

表面に塗装の剥がれや汚れが付いている時は、サンドペーパーでよく磨いて綺麗にしておきましょう。

化粧プリントが貼られた家具は、そのまま塗ると付着力が悪くムラになってしまいますので、粗めのサンドペーパーをかけた後に下地材を塗っておくと、ムラになりにくく、ペンキの付着力が増して均一に仕上がります。

ペンキでDIYを行なう時の注意点

ペンキの中には、乾いた後でも他の家具や床などに色移りしてしまう物があります。

ほとんどのペンキは乾燥すると耐水性となり、水で濡れてもすぐには剥がれませんが、安価なペンキの場合、色移りの恐れがあります。

ペンキで手作りした家具をお部屋に設置する時は、壁や床に保護シートや布を敷いておき、色移り対策をしておきましょう。

また、塗装中は周囲にペンキが飛び散ります。

一度付着すると洗っても落ちなくなってしまいますので、小さな家具のDIYでも、ビニールシートなどでしっかり周囲を養生し、できるだけ広い部屋で塗装を行いましょう。

晴れた日の屋外での作業がおすすめです。雨の日や湿度の高い日はペンキの乾燥が遅くなってしまいます。

外壁のペンキ塗りは細心の注意が必要!

外壁に市販のペンキを塗ると、既存の塗料との相性が悪く、下地の施行が不十分だった場合、すぐに剥がれて家の美観を損ねる事になってしまいます。

必ず、適したペンキの種類を専門の業者に確認しておきましょう。

また、外壁の破損を市販のペンキで塗っても、変化するのは見た目だけで、実際には外壁の劣化を抑止する効果はありません。

外壁に傷や裂けなどの異変を見つけた場合は、必ず専門の塗装業者へ補修を依頼しましょう。

木材に塗装する!!

塗装には、見た目を鮮やかにすること以上に、素材の保護という大事な役割があります。

そのため、外壁材や屋根材は、紫外線や雨水に強く、丈夫な塗料を使ってコーティングされます。

しかし、窯業系や金属系の外壁・屋根材と違って、天然素材の木材は、素材自体が水分を含んでおり、周りの空気の水分に反応して調湿する働きがあります。

調湿が行なわれると、目ではわかりにくいレベルで木材の膨張や収縮が起きます。

そのため、樹脂系の塗料で木材を保護しても、木材の伸縮による負荷がかかり、表面の塗膜が破れたり、ひび割れたりしてしまうのです。

木材の伸縮の影響を受けない塗料には、木材に直接浸透して内部から素材を保護する、防腐剤入りのオイルステインタイプなどがあります。

しかし、オイルステインタイプには表面を保護する力がないため、あまり長持ちさせる事ができません。

木材塗装の剥がしかた

木材でも、ピカピカに塗装したい方におすすめする施工方法ですが、新品の木材の塗装ですと、上記でも述べたように塗装する前にペーパーで肌をなめらかにします。

塗り替えの木材の塗装でしたら、古い塗膜の除去作業を行いますが、古い塗膜がバリバリに剝れている場合は、ペーパーのヤスリより『マジックロン』と言う繊維質のブラシで旧塗膜を除去する方が、スピーディーかつ強力に古い塗膜を剥がせます。

toryo_19069_item1

 

木材塗装下塗り

古い塗膜の除去作業が終わりましたら、下塗り専用の塗料で塗装していきます。下の画像のように完全に古い塗装を剥がす必要はありません。

 

securedownload-9

 

木材塗装中塗り

下塗りをしっかりと乾燥したのを確認後♯240の紙ヤスリで表面をなめらかにして、お好みの色で塗装をしていきます。

 

securedownload-8

木材塗装上塗り

中塗りの塗装だけではツヤも無く、仕上がりもキレイではありませんので、もう1度中塗りに仕様したペンキで、仕上げ塗りをします。

fullsizerender-4

細かい隙間などの塗装にベンダー

濡れ縁やパイプの裏側など刷毛やローラーで塗装できない箇所に『ベンダー』を仕様します。

ベンダーとは、薄い金属の板状の棒にローラーの毛に使う繊維を貼った塗装用具です。

薄い金属で出来ているため、折り曲げが可能で狭い個所や目視出来ない裏側まで塗装出来ます。

b7f02e55

木材塗装の業者相場価格

%e7%84%a1%e9%a1%8c1-1

価格は3回塗りのメートルの材工価格になります。

注1) 材工価格は各種塗料の標準色又は、淡彩色にて算出しています。

注2) 材工価格には、足場代、下地調整代、養生代、諸経費、消費税は含まれておりません。

日本ペイント株式会社発行の建築用塗料・外装仕上げ塗材【設計価格表】 2015-2016年版 画像参照

木材の灰汁洗いと洗浄

無題 無題

ご紹介するのは、古民家の安全な木材洗浄に劇毒物指定外プラザ・オブ・レガシーの木部アク取り用洗剤のA3です。

洗剤は噴霧器、刷毛、ガン施工が可能です。

この洗剤の威力を古い檜と杉で実験してみました。

木部アク取り用洗浄剤A3のA液、B液を1対1に混合します。

通常の汚れは混合液を2倍希釈にして初めて下さい。

刷毛に浸してやさしく塗ります。

洗浄剤の威力を信じては刷毛で擦らないで下さい。

5分もすればアクが分解されどんどん浮いてきます。

十分程度の後水洗いをします。

アク汚れが取れ綺麗な木部復活への第1段階が終了します。

室内で水洗いできない場合は濡れた雑巾やウエスで優しく吸いとるように除去して下さい。

 

木材を塗装する前に準備する商品

塗料 ペンキ  

 

list

塗料用シンナー(ペイントうすめ液)

mono18855068-150715-02

養生用シート 

(室内は布シートが好ましい)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マスキングテープ 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紙ヤスリ

mono89488831-140218-02

刷毛

mono05604496-071220-02

ローラー

sim

隙間用ベンダー

mono86934321-150420-02

軍手

100000001002778969_10204

ウエス(ボロ着れ)

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

ポリ下げ缶

mono05838095-141028-02

塗料の購入方法

塗料販売店でペンキを購入

塗料販売店

まず最初におすすめするのは、塗料販売店です。塗料販売店とは塗装業者さんなどが購入する、プロ用の販売店です。

一般の方には、敷居が高く感じられるかも知れませんが、塗料販売店のスタッフは塗料の知識が高く、DIYで塗装したいと相談すると室内用なのか屋外用に使う塗料なのか、お客さんに合わせて塗装の知識や必要な道具を教えてくれるというメリットがあります。

また携帯電話のカメラ機能などで実際の画像を見せて塗料のプロにDIYの相談などできるメリットがありますのでぜひ、お近くに塗料販売店がありましたら、塗料の購入のついでにDIY塗装の相談する事をおすすめします。

ホームセンターで塗料を購入

slide_shopping_zoomout_k

つぎにホームセンターでの購入ですが、メリットは木材や釘、工具や塗料など一括して購入できる所が最大のメリットです。
最近の大型ホームセンターは木材の加工を格安でお好みの寸法に加工してくれる店もあるため木材の購入はホームセンターをおすすめします。

しかし資材や塗料の品揃えも豊富ですが、定員さんにそこまでの塗装や塗料に関する知識が無いため、自分にとって最適な塗装方法が分からない方には、あまりおすすめ出来ないです。

最適な塗装方法とは、材質に合わせて塗料の仕様が油性か水性どちらイイか?

刷毛やローラーも油性用か水性用か?などのほかにウレタン塗料、シリコン塗料などの塗料のグレードや、屋外用なのか室内用か?

また薄めるシンナーはどれを使えばイイか、ペンキの使う量をどの程度、購入すればいいのか?自分で判断が出来ない一般の方には、塗料の購入は難しい場所だと思います。

100円均一でペンキを購入

fullsizerender-5

最後に100均での塗料の購入ですが、塗料やローラー刷毛やマスキングテープ全品100円で、品質も高くおすすめです。

しかし塗料自体が紫外線に弱いアクリル塗料のみの販売になりますので、室内用の小物のペンキ塗り以外の使用をお考えでしたらおすすめできません。

100均で塗装&DIYに使える優良商品!

最近の100円均一は、本当に100円なのかと、疑うくらいの優良商品であふれています、プラスチック製品や食器類などは100円均一で済ませている方も、少なくないと思います。

しかし工具や塗料などのDIYに使える商品の品質はどうなのかな?と疑問になり、実際にプロの塗装職人が近所の100円均一ダイソーさんで材料一式そろえて棚作りにチャレンジしました。

100均おすすめDIY商品

新聞紙は食器の梱包用を無料で頂きました。

img_1848-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

13の商品を合計19点の100円均一商品を税込2052円で購入しました、使用感や感想は棚を作りながら説明してまいりたいと思います。

100均桐すのこ

桐すのこ×5点

おすすめ度★★★☆☆

棚に使用する木材として計5点540円で購入しました、加工済みの桐の材木と考えたらプロが購入する材木屋さんでは、考えられない位安い金額です。

securedownload

 

100均マスキング(養生)

マスカーフィルム550mm

おすすめ度★★★★☆

仮止めテープ(養生)38mm

おすすめ度★★★★☆

マスカーやテープを塗料販売店やホームセンターで販売されている商品と比較しますと、仮止めテープの巻きの長さが塗料販売店(プロ用)と比較しますと、多少短いですが、品質や価格ともにお得だと思います。

しかし100円均一でプロが使用するレベルと同じ品質なものが販売されていたのには、正直驚きました、塗装業者さんにも1度試して頂きたい優良商品です。

img_1849

室内での作業となるため、汚れ防止のマスキング(養生)作業です。

100均ローラー塗装

ローラーセット10CM

おすすめ度★★★★☆

ローラー取り換え用2本

おすすめ度★★★★★

バケツ ふた付き

おすすめ度★★★☆☆

securedownload

バケツはよくある製品なので、いまさらのご紹介は省きますが、ローラーの品質の良さは素晴らしいです。

毛も抜けずらく、しかも100円なら塗装職人にもおすすめできる優れた商品でした。

水性アクリル塗料は室内の木部用でしたら、問題無さそうでしたが、鉄性の仕様や、屋外で使うDIYには耐久性を考えたら、やめた方が無難な塗料だと感じました。

水性アクリル塗料×3

おすすめ度★★☆☆☆

100均刷毛塗装

先ほど紹介した、小さいサイズのローラーを使用したのでほとんどがローラーでの作業です。

細かいローラーで入らない場所をハケで突くように塗ります。

小のハケ(目地刷毛)はナイロン製で塗りやすく、塗装職人から一般の方までおすすめできる、超優良商品です。

ハケ(目地刷毛)

おすすめ度★★★★★

木目を出したかったので、水を4塗料を6の割合で薄めました。

img_1859img_1855-1

100均すのこ棚DIY

釘は4種類の長さがあり、本数も沢山あり満足できました。

釘 BOXタイプ

おすすめ度★★★★★

ミニハンマーは品質に問題はないのですがサイズが小さいので大工作業に慣れてない方には、大変な作業だと思いますのでワンサイズ大きめのハンマーの購入をおすすめします。

ミニハンマー

おすすめ度★★☆☆☆

securedownload-1securedownload-2

100均ペーパー

紙ヤスリは粗めから、細かい目まで6種類あり、これも優れた商品です。

今回は♯600番で表面をざっくり、なめらかにしました。

工作紙ヤスリ

おすすめ度★★★★☆

img_1862

100均ニス塗装

ニスの塗装は刷毛の方が簡単だと思いますので、ダスターハケを使用します。ハケの品質はプロから一般の方まで使用できるナイロン性のハケでこちらもおすすめです。

ハケ(ダスター30mm)

おすすめ度★★★★★

水性ニスは室内専用になります、使用する用途が限られますので、低めの評価にさせてもらいましたが、一般の方が使用する事を考えたら、アクリル塗料ともに水性ですので、水で薄め、水で洗えますので、安全面や手軽さでは優良商品だと思います。

水性室内用ニス

おすすめ度★★☆☆☆

img_1864

100均DYI&塗装完了!!

securedownload-3

 

 

securedownload-4

 

100円で用意できる商品は、100均で購入して、足りない建築資材などはホームセンターや専門店でアドバイスを聞きながら、DIYを楽しめば、低コストでオシャレなハンドメイドのインテリアが作れると思いますので、これを機会にDIYにチャレンジして見てはいかがでしょうか?

木材エイジング塗装の施工方法!

引き続き、100円均一ダイソーさんで、購入した塗料や商品でDIY&塗装をした、すのこ製の棚をエイジング塗装(ビンテージ風)にチャレンジしてまいりたいと、思います。

一般の方でもチャレンジできるように、簡単にご説明してまいります。

100均エイジング用塗料

100円のアクリル塗料の白を追加購入し、余った、ペーパー・刷毛・バケツは再利用します。

securedownload-2

100均刷毛で塗装

塗料9に対し水を1の割合で薄めます。

刷毛での塗装ですので、慣れていない方は透けたり、カスレたりしますが、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

凹みの部分に塗料がたまりやすいので、凹み部分は刷毛で突くように、塗装してください。

securedownload-3

100均アクリル塗装完成

ご覧のように、透けていたり、カスレていたりしますが、この程度で問題ありません。

securedownload-4

100均ペーパー作業

良く乾燥させてから、♯1000のペーパーを当てていきます。

そうする事により木目がでてきます。

削りすぎた箇所がありましたら、また先ほどの塗料のあまりで、再塗装して下さい。securedownload-5

100均木材エイジング塗装(ビンテージ風)完成

securedownload-6

 

ポイントはあまり神経質にならず、遊び心をもって塗装することだと思います。失敗したらまた塗り替えにチャレンジして、100円でDIY塗装にチャレンジして頂ければと思います。

100均でリメ缶塗装!灰皿をビンテージ風にエイジング!

引き続き100円均一ダイソーさんで購入した、塗料や鉄製の灰皿の缶を使いエイジング塗装にチャレンジしてまいりたいと、思います。

一般の方には少々ハードルが高いと思われるかもしれませんが、失敗しても100円の灰皿1商品だけで済みますので、ぜひチャレンジしてみてください。

100均リメ缶用の灰皿

缶づめなどの空き缶でも良かったのですが、手ごろな空き缶が無かったので、100均で灰皿1缶を追加購入しました。

img_1917

100均商品一覧

灰皿の缶のほか、スポンジも追加購入しました。残りはあまった商品になります。

securedownload

100均ペーパー作業

あまったペーパーで塗料の食いつき(密着性)を良くさせるため、軽くペーパーで目粗しします。

目粗し完了後の画像です。ご覧のように、軽くで問題ありません。

img_1918

100均アクリル塗装

あまった、アクリル塗料の白を刷毛で横方向にざっくり2回塗装しました。

お金に余裕がある方はホームセンターなどで艶消しのペンキを購入する方がよりアンティークな仕上がりになりますが、そこは技術でカバーしていきたいと思います。

※画像は、1回目の塗装後になります。

img_1919

100均スポンジ塗装

ビンテージ風に見せるためには、赤や黄色があると、サビている感じが出ますが、低コストで仕上げるために、あまっている塗料の青と緑を使用しました。やはり100均のペンキですので、色の品揃えが少ないので鮮やかに仕上がりになって行きました。

そこをエイジング風に見せるために、あまった100均ニスで全体的に、スポンジに塗料を付けてちょんちょん叩くように色を付けていきます。ニスを塗装すると飴色に見えますので、鮮やかな色がやわらいで落ち着いてきます。

securedownload-2

100均ペーパー作業

ダメージ感を出すために、粗めの♯60~♯100のペーパーで下地の鉄が見えるくらい所々削っていきます、そのままですと金属のメタル感が出てしまうため、またニスをスポンジで叩くように塗装して行きます。

よく乾燥させて繰り返し紙ヤスリでニスのツヤが無くなる程度、ヤスリ掛けをします。

securedownload-4

スポンジ塗装とペーパー作業を繰り返し行う事で色の強弱を付けていきます。

securedownload

100均リメ缶塗装完成!

エイジング塗装のDIY棚の上でよりビンテージを演出しました。

img_1952

木材用おすすめ塗料

キシラデコール

list

キシラデコールは木材用の防腐・防カビ・防虫塗料です。
ピグメントステイン(顔料系ステイン)で改正建築基準法の告知対象外として、居室内においても規制を受けない塗料です。
木材に染み込む「ステイン」タイプの塗料。塗膜を作らないから木が呼吸できて、内部から保護します。雨が浸みこんでも、自然と蒸発するから、塗料が割れない。
日光や風雨の影響を最小限にとどめる耐候性顔料を使っているため、塗装時の鮮明な色が長持ちし、木部を美しく保ちます。
木目や木の風合いを活かした仕上がりはキシラデコールならでは!塗布することで木材の持つ色調のバラつきを補い、美しさを引き出します。
塗膜のはがれ、はげ落ち、割れなどがおこらないので、塗りかえの時には、ほこりや泥土、ごみなどを落とすだけで塗ることができます。
刷毛さばきが良く、塗りムラができにくいつくりなのでペイントが初めてでもきれいに仕上がります。
一度塗ってしまえば安心です。1回目の塗りかえは2~3年後、その後は5年に1回が目安になります。

一液ファインウレタンU100

mono16394026-150305-02

一液型のウレタン塗料で、外壁、鉄部、木部などの新設、塗り替えと幅広く使用でき、すぐれた耐候性、耐水性、対アルカリ性などの性能を発揮します。
弱溶剤塗料(塗料シンナー希釈5~10%)で幅広い旧塗膜に直接塗装することができます。

防藻、防かびにすぐれています。

1液ファインウレタンU100木部用下塗

 

41pc1g-l8ol

木部の塗装時の透け・カスレ等の問題を解決。
エポキシ樹脂塗料であるため、木部に対しての目止め効果、優れた付着性を発揮します。

特長

  • 肉持ちがよく廻縁・巾木等のラワン材や、木毛板等の目止め用に効果を発揮します。
  • エポキシ樹脂塗料であるため、優れた密着性を発揮します。
  • 速乾性で、研磨可能までの時間が短く、工程を短縮できます。
  • 環境にやさしい弱溶剤系。

オスモカラー

intro_img

 

食品と同レベルの高い安全性

通常、塗料は接着剤と同じく、合成樹脂などの化学物質で作られていますが、オスモカラーはひまわり油、大豆油、アザミ油、そしてカルナバワックス、カンデリラワックスといった自然の植物油と植物ワックスからできた人体、動植物に安全な塗料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。