外壁塗装・DIYや塗料など住まいの情報を配信してまいります。

20140514_tgjp2mbg

外壁・屋根材の中でも人気のガルバリウム鋼板は、金属ならではの光沢がモダンな印象を作ることから、新築・リフォームともに選ばれています。

 

そんなガルバリウム鋼板で外観を仕上げるメリットについて、デメリット面やメンテナンスの注意点などと併せて解説します。

 

ガルバリウム鋼板の外観デザインの特徴

img2_1119

 

金属で作られたガルバリウム鋼板は、外観に使用すると、素材が持つ独自のシャープな見た目と光沢が、モダンでスタイリッシュな雰囲気を生み出します。

また、ガルバリウム鋼板は、縦方向と横方向のどちらで張るかによって見た目の雰囲気も大きく変わります。

縦方向に張るとよりシャープな印象が増し、横方向に張ると少しマイルドな印象になります。

さらに、縦と横の異なる方向を部分的に組み合わせたり、目地無しでフラットに仕上げたりと、張り方を工夫することで、外壁全体にリズム感を生み出すことができます。

 

ガルバリウム鋼板で外観を作るメリット

「亜鉛合金めっき合板」であるガルバリウム鋼板は、トタンなどの通常の金属板に比べて、腐食にとても強い金属材です。

ガルバリウム鋼板に含まれる亜鉛が、腐食に反応すると溶けて保護膜を形成し、本体への腐食を食い止める効果を発揮します。

このような耐久性を持つことから、ガルバリウム鋼板の耐用年数は、通常地域では約25年、塩害地域でも約15年と言われています。

また、薄くて軽いため躯体かかる負荷が少なく、築年数がある程度経過した中古住宅の外壁リフォームでは、ガルバリウム鋼板に張り替えることで躯体を軽量化させることも可能です。

 

ガルバリウム鋼板のデメリット

1432d2f313775229dddd215e013d6584_s

 

ガルバリウム鋼板は、素材本体の断熱性能は低く、板単体では断熱効果を発揮することはできません。

そのため、ガルバリウム鋼板で外壁や屋根を仕上げる際は、断熱性能が付いたタイプを選んだり、断熱工事とセットで施工したりする必要があります。

 

また、先ほどもご説明したように、ガルバリウム鋼板は従来の金属材に比べると腐食に強い素材ですが、金属性の素材ですので、傷がつくと当然錆びてしまいます。

また、傷が生じていなくても、隣接する他の部材で生じた錆びから、もらい錆びが発生してしまうケースもあります。

 

30年の耐用年数を持つと言われるガルバリウム鋼板ですが、定期的なメンテナンス無しでは30年も持たせることはできません。

1520年後には再塗装や部材の補修、錆びの点検などのメンテナンスが発生します。

 

 

ガルバリウム鋼板のデザインまとめ

スタイリッシュでシャープな見た目が人気のガルバリウム鋼板ですが、外観デザインに使用するときは、メンテナンスの必要性も十分考慮しておかなければなりません。

 

屋根や外壁などの屋外に設置する以上、傷や色あせ、汚れなどのダメージは蓄積されていきます。

ガルバリウム鋼板の優れた特徴やメリットを維持するためにも、定期メンテナンスの種類やタイミングをよく把握しておきましょう。

 

黒のガルバリウム鋼板で作る外観デザインのコツと注意点

20130430-01

 

ガルバリウム鋼板は、「黒」が選べることでもおすすめされている外装材です。

モダンな印象を与える黒と、スタイリッシュな見た目を持つガルバリウム鋼板は相性が良く、近年の外観デザインでも人気の高い組み合わせです。

 

ここでは、黒い外壁や屋根の注意点や、ガルバリウム鋼板のメリット・デメリットについてご紹介します。

 

黒い外観のメリット・デメリット

黒い外観デザインを作るときは、仕上がりのイメージだけでなく、メンテナンス性や家の過ごしやすさもしっかり押さえておきましょう。

 

黒い外観のメリット

黒は、モダン・シック・落ち着き・重厚感・高級感などの印象を見る人に与える色です。

 

木目調のサイディング材を部分的に取り入れたり、ベージュや白などと組み合わせてツートンカラーにしたりすることで、重苦しさを軽減し、親しみのあるデザインを作ることもできる色です。

 

黒い外観のデメリット

黒い外観のデメリットは、なんといっても太陽光の熱を吸収しやすい点です。夏場は外壁の表面に触れると火傷をしそうなほど熱くなることもあります。

ただし、外壁材が高温になっても、家の断熱性さえしっかり確保されていれば、室内が高温になり過ぎることはありません。

 

万が一、断熱材を入れずに外壁を黒にすると、夏場は室内の温度が高くなりデメリット面が際立ってしまいます。

外壁を黒にする場合は、熱を吸収するタイプの外壁材や屋根材を選ぶことはもちろん、断熱工事などをセットで行うことをおすすめします。

 

黒い外観を作るならガルバリウム鋼板

f04_3834-1024x683

 

ガルバリウム鋼板は、黒い外観を作るときは真っ先に推奨される外装材です。

サイディング材の黒は、若干まろやかな印象になり、タイル材には真っ黒のタイプは無いため、真っ黒の外観を手に入れるのであれば、必然的にガルバリウム鋼板が候補に挙がることになるでしょう。

 

金属製のガルバリウム鋼板が持つ光沢と、黒が持つ高級感が組み合わさることで、モダンでスタイリッシュな外観デザインを作ることができます。

 

黒いガルバリウム鋼板の注意点

まず何よりも注意しなければならない点が、ガルバリウム鋼板そのものは断熱性能が低いということです。

そのため、断熱材なしで黒のガルバリウム鋼板で家を覆うと、日当たりによっては夏場にサウナのような部屋ができあがる恐れもあります。

そのため、黒のガルバリウム鋼板を使用するときは、断熱材付きのタイプを選ぶか、断熱工事とセットで施工するようにしましょう。

また、黒の塗料でガルバリウム鋼板に塗装リフォームを行う場合は、断熱・遮熱タイプの塗料を選んでおくと良いでしょう。

 

黒い外観のその他のデメリットとして、ホコリや土、塗料の劣化によって生じる白い汚れが目立ちやすいという点も考慮しておきましょう。

 

黒いガルバリウム鋼板のまとめ

見た目の相性は決して悪くない、黒とガルバリウム鋼板の組み合わせですが、断熱工事が施されていない家では、デメリット部分が強調される恐れもあるため注意が必要です。

 

黒とガルバリウム鋼板それぞれのメリット・デメリットをよく把握し、使用する際は、断熱タイプの商品と組み合わせて施工するなど、デメリット部分を解消する工夫を取り入れるようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。