外壁塗装・DIYや塗料など住まいの情報を配信してまいります。

cropped-45b95069f168841cb53cf239a7c3fdec_s.jpg

人生で一番大きな買い物を済ませたら、ほっとしてタガが緩んでしまった!なんてことはありませんか?

ほっとしている場合ではありません。

早速ローンの支払いが始まり、固定資産税と都市計画税の請求、そして家のメンテナンスのための費用が必要になってきます。

 

 

固定資産税と都市計画税の請求が毎年ある

家を購入した後は、毎月・ボーナス時のローンの支払いのほか、年1回の固定資産税と都市計画税の請求があります。

例えば、4000万円の新築一戸建てを購入した場合の1年目の固定資産税と都市計画税の請求額は、おおよそ11万円ぐらいになります。

新築後3年(条件によっては5年)間は軽減措置で半額になっているので、その期間を過ぎるとこの金額が倍になるので注意が必要です。

ただし、木造の戸建て住宅は経年劣化により減価償却されていくので、年々請求額は下がっていきます。

 

家や設備は必ず劣化するので修繕が必用

長く住んでいるとどうしても、様々な設備が劣化していきます。それらの修理をするのも、修理時期や内容を決めるのも全て自分です。

マンションの場合は修繕積立金が自動的に徴収され、管理組合が中心となって工事を全て取り仕切ってくれるのでお任せで済みますが、一戸建ての場合は、自分で全てを管理するという大きな責任がのしかかってきます。

 

一戸建ての場合に必要な修繕箇所

多少古くなっても、戸建てなら住もうと思えばいつまででも住めると思っていませんか?

屋根、外壁など、特に屋外の設備は年々劣化が進み、放置すると雨水が屋内に浸み込んでくる事態になってしまいます。

そうなると、大がかりな高額の工事を行わなければなりません。

こまめにメンテナンスを行うことで、長く快適に暮らすことができます。

項目 修繕時期 金額(目安)
屋根・外壁の洗浄 10年 20万~50万円
外壁の塗装 15年 80万~100万円
床下シロアリ駆除 15年 1坪あたり1万円前後
ベランダ・屋根などの防水加工 15年 100万前後

修繕工事のための予算を確保しておくことが大事

自宅の修繕工事には、思いのほか高額の費用がかかります。雨漏りするようになって、いきなり屋根の張り替えに100万なんていうことも。

マンションの修繕積立金にならって、毎月一定額を積み立て、余裕があるときはまとまった金額を貯金するといった方法で自宅メンテナンスのための予算を用意しておくとよいでしょう。

住宅の様々な設備について全て自分で管理するのはとても大変です。

信頼できる工務店と定期的にコミュニケーションを取り、メンテナンスについてこまめに相談したりアドバイスをもらえるようにしておくと安心です。

 

外壁や屋根の状態を維持する費用はどのくらい?維持費について考える

家の見た目の大部分を占める外壁や屋根は、美しい状態をできるだけ長く維持したいですね。

外壁や屋根の維持費を考える時は、表面を守る塗料の耐用年数と、ランニングコストを把握しておかなくてはなりません。

今回は、外壁や屋根の、具体的な維持費についてご紹介します。

 

一戸建ての外壁リフォームにかかる費用は100万~150万円

マンションの場合の外壁リフォームは大々的な工事が必要になりますが、一戸建ての場合でも、外壁リフォームは専門の業者に工事を依頼することになります。

そうなると、どうしてもまとまった金額が必要になってきます。

一戸建ての外壁リフォームをする場合のおおよその費用は、100万円から150万円といわれています。

年数が経てば必ずメンテナンスが必要になってくるので、そのための予算を普段から積み立てておくといざというときに安心です。

 

外壁や屋根の維持費の費用は?

ランニングコストはどのくらい長く塗料を持たせるかと言い換える事ができます。

外壁や屋根のランニングコストは、いかに少ないメンテナンスで長く持たせる事ができるかで決まります。

つまり、耐用年数が最大で約20年にもなる「フッ素塗料」などの高いグレードの塗料を使えば、ランニングコストを大きく抑える事ができます。

反対に、最も安価で施工できるアクリル樹脂は、耐用年数が約7年以下になる時もあり、数年内に再塗装をしなくてはなりません。

そのため、施工費用は安くても、その分のランニングコストが掛かってしまいます。

 

塗料の平均耐用年数と、平米あたりの施工費用

  • アクリル樹脂塗料…耐用年数:約5〜7年、施工費用:約2,500円
  • ウレタン樹脂塗料…耐用年数:約8〜10年、施工費用:約4,100円
  • シリコン樹脂塗料…耐用年数:約10〜15年、施工費用:約4,600円
  • フッ素樹脂塗料…耐用年数:約15〜20年、施工費用:約5,600円
    ※価格は実際の施工費用とは異なる場合があります。

維持費は長期的な視点で考える

外壁・屋根塗装の維持費を考えるうえでは、長期的な点検計画を頭に入れておかなくてはなりません。
1回の工事だけで見れば、塗装費用が高額なフッ素塗料塗料よりも、アクリル樹脂塗料を選んだ方が、工事費用を安く抑える事ができます。

 

アクリル樹脂塗料とフッ素樹脂塗料の費用

例:約165平米の外壁を塗装した場合

  • アクリル樹脂塗料…412,500円
  • フッ素塗料塗料…924,000円

塗料のグレードが違うだけで、511,500円もの価格差が生じています。

 

維持費を20年間で比較してみよう

ここで、それぞれの耐用年数にも着目してみましょう。

アクリル樹脂塗料が、約5年から7年の耐用年数であるのに対し、フッ素樹脂塗料はその2〜3倍の期間、効果を持続する事ができると言われています。

つまり、外壁が約165平米のお宅で、フッ素樹脂塗料と同じ期間、外壁を保護するためには、アクリル樹脂塗料は412,500円の費用を2〜3回支払わなくてはならない事になります。

 

アクリル樹脂塗料の20年間の維持費

  • 1年目…412,500円
  • 5年目…825,000円(2回目)
  • 10年目…1,237,500円(3回目)
  • 20年目…1,650,000円(4回目)

フッ素樹脂塗料の20年間の維持費

  • 1年目から20年目まで…924,000円

20年間の維持費の差は約726,000円となり、初回の施工費用の価格差を上回る金額となりました。

これらの計算はあくまでも目安ですが、上記の塗装費用に加えて、足場の設置費用や諸経費が工事のたびに発生する事も忘れてはなりません。

また、フッ素樹脂塗料で塗装をしても、シーリングが使われている外壁や屋根では、約5年に1度、シーリング部分の補修点検も必要です。

 

塗装する場所にふさわしい塗料を選ぶ

外壁や屋根の維持費を安く抑えるためには、1回目の費用が多少高額になっても、耐用年数の長い塗料を選んだかどうかが重要になってきます。

もちろん、数年後に取り壊す予定の壁などを、一時的に保護するためだけに高額な塗料を使うのは勿体ありませんので、そのような場合には安価な塗料を選択すると良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。