外壁塗装・DIYや塗料など住まいの情報を配信してまいります。

9d86a150e74174715927b15e8c0005f1_s-300x225

強い雨風から外壁を守っている塗料のはずなのに、雨の日には塗装を行ってはいけないと言うのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

ナゼ雨の日に塗装をしてはいけないのか、ご紹介したいと思います。

 

 

雨の日の塗装はダメなの?

雨の日に塗装を行ってはダメと言われる事には、ちゃんとした理由があります。

それは塗料の特徴に関係しています。塗料には塗装に適した気温と湿度の最低基準が定められています。

塗料缶や説明書に記載されているのですが、大抵の塗料は気温5℃以下、湿度85%以上の時には塗装を避けるようにと注意されています。

塗装に気温や湿度が関係しているのはナゼでしょうか?

気温・湿度の影響力

気温や湿度が塗装に関係しているのは、塗料の「乾き」に影響するからです。

乾きが悪いということは水分量が多い状態を指しています。

特に気温が10℃以下の低さで塗装をしてしまうと塗料の乾燥は極端に悪くなってしまいます。

気温が低いために乾燥が遅く、そのうえ湿度が高いと空気中の水分が塗面で凝縮し塗料の粘度が増粘してしまいます。

そうなると、霧がかかったようなツヤのない仕上がりになることもあります。また乾きが悪いために、しっかり乾くまでの時間を確保しようとすれば工事期間が延びる一方です。

しかし実は、気温が低くても乾きやすくすることはできます。

それは、希釈シンナーを塗料にさらに添加することによってです。

そうであれば、気温の低さは問題なく塗装できるかと思いますよね。

しかし希釈シンナーが増えることで塗膜厚は薄くなり、塗料本来がもつ錆止めなどの効果が弱まってしまいます。

また、塗料には気温や湿度だけでなくメーカーが定めた乾燥時間や下塗りと上塗りの間隔が決まっています。

希釈シンナーの量が増えることによって、その定められたベストな間隔が守られなくなってしまうので、ベストな気温や湿度、時間の間隔で行われた塗装に比べ当然仕上がりの状態も悪くなりますし、メーカーが研究を重ねて作り上げた耐久性や耐水性などの効果を十分発揮できなくなり質も悪くなってしまいます。

雨の日に塗装をしてはいけないのはナゼ?

上記の理由を考えると、もし外壁が雨に当たらない場所であったとしても、塗装には湿度が関係しているので雨の日の湿度の高さは塗料の品質に影響を与え、塗膜の形成不良を起こしてしまうことが理解できるのではないでしょうか。

塗装後すぐに問題が無い場合でも、耐久性に影響を与えているので耐用年数は短くなり剥離やひび割れ部が生じたり白化白濁が表れたりしてしまいます。

また雨の日に塗装をすることで塗料に雨水が入ってしまえば塗料は薄まってしまいます。

この場合も塗料のベストな配合が崩れることになるので耐久性や耐水性を十分発揮できなくなる原因となります。

また、塗っている時に雨が降っていなくても、その後すぐに雨が降り出し乾かないうちに雨で濡れてしまうと雨だれや水玉模様が残る場合もあります。

時にはせっかく塗った塗料自体が雨と共に流されてしまう場合さえあるのです。

それに加え、塗料の問題だけでなく基本的な事として雨の中の作業は大変ですし危険を伴います。そうなると作業効率も断然さがります。

雨の日以外にも注意が必要

気温や湿度を守って塗装することを考えると、雨の日以外にも注意しなければいけないことがあります。

たとえば、雨の降っていない日の日中に気温や湿度に問題がなく塗装を行えても、日没ギリギリまで塗ってしまうと夜にかけて気温が下がり、しっかり乾かないまま霜や霧に晒されることもあります。

乾いている途中に水分量が上がってしまうのです。

ですから塗るタイミングだけでなく、日没の2時間前ぐらいには作業を打ち切るといった乾燥の時間も踏まえて塗装を行う必要があります。

雨の日に塗装をするのは悪質施工業者?!

%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%80%80%e9%9b%a8%e9%9f%b3

塗装工事を依頼する際には無理矢理契約させて工事をするような「悪徳業者」以外に、工事を適当に行ったり、施工不良を招く雨の日にあえて塗装工事を行ったりするような「悪質施工業者」にも注意が必要です。

雨の日に塗装をしようとするのはナゼ?

明らかな施工不良になるにも関わらず、雨の日に塗装を行う業者がいるのはなぜでしょうか?

それは、雨の日に塗装を行わないことで業者にデメリットが生じるからです。

例えば、予定していた時に雨が降れば勿論工期は延びてしまいます。塗装は大抵3度塗り以上必要でその度に十分に乾かす必要があります。

最短で塗装を終わらせ数をこなしたい悪徳業者は雨で工期が延びることを嫌がります。また工期が延びると、足場などの設備の延長料がかかったり、工期に間に合わせるため作業者を増やして人件費が上がったりと、費用にも影響してしまいます。

そのため工期を短くするために、雨の日に無理矢理塗装を行うことや、重ね塗りの工程を省くといった悪質な施工を行います。

見た目に問題がなく、その間に足場を外して終わらせれば、施主に気づかれずに塗装工事を終わらせることが出来るというわけです。

雨が降ると施主にもデメリットがある?!

雨の日に塗装を行わないことは、良質な仕上がりを手に入れることが出来るとはいえ、施主にとってデメリットとなる場合もあります。

例えば雨の日で塗装が出来ないことで、ずっと足場がかかった状態が続くことになる場合もあるかもしれません。

また、悪徳でなくても塗装会社によっては、予定していた工事期間が雨によって延びることで生じた足場や人件費といった追加料金をお客さんに要求する場合もあります。

塗装工事の契約の際には、雨の日はどうするのか確認することで、その説明によって悪質施工業者を見抜けますし、プラスの費用を払わなくていいように追加料金についても確認しておきましょう。

塗装に適した時期はいつ?

雨の日を避けることを考えると必然的に梅雨時期は避けたいと思うかもしれませんね。避けるべき時期は分かりましたが、逆に塗装に適した時期というのはあるのでしょうか?

湿度は低く気温は高くがベスト!

実際には塗装は湿度と温度さえ守れば、いつでも塗装を行えます。

しかし、施工するのに適した、メリットとなる時期はあります。塗料に適した気候は、今まで考えてきたことからも湿度は低く、温度が高い時期が塗装に向いているといえます。

気温は1530℃で湿度は75%以下ぐらいです。

そうであれば湿度の低さでいうと冬、気温の高さでいうと夏ということになります。

温度と湿度で真逆の時期ということになってしまいますよね。そこで、両方のバランスを考えて春が塗装シーズンと言われます。

勿論、梅雨に入る前がベストです。気温は夏ほど高くはないため、乾きは早くはありませんが、湿度は低いため塗料に影響を与えにくい時期です。

また春の過ごしやすい気候は作業員にとっても快適な季節ですし、窓を閉めきっていても問題ないというメリットがあります。

雨の日にも出来る事はある!

しかし雨の日には塗装工事が一切行えなくなるわけではありません。

多少の雨であれば外壁塗装に付属すること、塗料に直接関係ないことは行えます。

例えば足場の設置や高圧洗浄は行えるもしれません。

工事のタイミングでは雨に関係ないこともあるので、外壁塗装を依頼する際には雨の日の対策や工程などを契約前に確認して、無駄なく効率的に行えるようしておくことは賢明な方法でしょう。

塗料の種類で調整してみる!

最近は様々な温度や湿度に対応した塗料、夏用塗料や冬用塗料、また速乾性のある塗料も出ており塗装できる時期の幅も広がっています。

それを利用した悪徳業者の中には、「うちは速乾性がある塗料を使用しているので雨の日にも塗装工事が行えます」と言ってくる業者がいます。

しかし、今まで見てきたように乾きが早くても雨水が及ぼす影響や作業効率が悪くなるので雨の日は避けるべきです。

雨の日用に開発された塗料でない限り、塗料の種類によって塗装が出来る季節や時期が広がるというだけで、雨の日に問題なく塗装が出来るというわけではないことを忘れないようにして下さいね。

まとめ

雨の日に塗装工事を行ってはいけないのは、最適な塗装に気温や湿度が関係するからです。

メーカーが定めた塗料に適した気温や湿度を守らなければ、施工不良を起こし仕上がりが悪くなります。

塗装直後の仕上がりに問題が無くても、耐久性や防水性に影響が及んでいるため、劣化の速度が速まり数年後にヒビや剥離に繋がってしまう可能性が高まります。

せっかく塗装しても後悔の残る仕上がりを生み出しまうのです。

塗料だけでなく、雨の日の塗装は危険が伴い作業効率を悪くします。

しかし雨の日に塗装を行わなければ、工事期間が延び、追加料金が発生するというデメリットもあるので、雨の時期を避けて塗装の工事を依頼するのが最善な方法と言えるかもしれませんね。

しかし、自然相手のことなので確実なことは分からないので、塗装工事の契約の際には、雨の日対策や工事日程、追加料金のことなども事前に確認しておくことを忘れないようにしてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。