外壁塗装・DIYや塗料など住まいの情報を配信してまいります。

20160715114455

洋服やバッグ、家具やインテリアなど色を決める機会は何度もありますね。

色決めは得意ですか?

毎日使わないものや、すぐに交換できるものであれば、気軽に挑戦したり、それ程考え込むことなく決めたりすることも出来るかもしれませんが、外壁のように大きな面で建物のイメージを左右し、しかも大きな出費となるものに関しての色決めは結構悩むものです。

特に、おしゃれな色に!と思うと分からなくなりますよね。今回はそんな外壁の色についての話です。

 

家主のセンスが光るおしゃれな色とは?

おしゃれな色といっても、色の好みは人によって違うものですよね。

ある人が綺麗と思う色が他の人にとっては、重たく見える、華やかさに欠ける色と感じることもあります。

誰しもがおしゃれと思う色があれば良いのですが、そうはいきませんし、それが良いとも限りませんよね。案外センスが良いと思われる色は今までにない色や組み合わせだったりします。

その中でおしゃれな色をと考えると難しいわけですが・・・。

全員がおしゃれと言われる色はありませんが、おしゃれに見せる色の法則や、建物の見せたいテイストやデザインにあった色を選ぶことは出来ます。

そのいくつかをご紹介したいと思います。

人気の色を使って塗る!

 

一番間違いがないのは、人気色を使うという方法かもしれません。

どんな家でも合わせられるのは白ですが、おしゃれというより無難になりがちですし、汚れが目立つという心配もあります。

そこで人気を集めているのが、アイボリーやベージュです。

しかも白に近いようなクリーム系の色です。

サッシの色とのバランスを考える

新築の場合は、外壁の色や室内のテイストに合わせてサッシの色を決めますが、塗り替えなどのリフォームの場合は、既存のサッシや玄関の色も考慮したうえで塗る必要があります。

例えば、ブルー系やグリーン系の寒色系で明度の高い色にはブロンズや黒のサッシは合いません。

どんなサッシ色にも万能に使える色はベージュ系・グレー系です。

同じベージュやグレー系でも彩度や明度によって明るさや鮮やかさを調整することで、白・黒・ブロンズ・グレーとどんな色にもマッチさせることが出来ます。

サッシ以外にも雨樋や屋根、玄関、タイルといった色が変わらない部分が他にもあることを忘れないようにしましょう。

テイストに合っていないとおしゃれではない!?

建物には、デザインや屋根の形によってテイストが変わります。

和風や洋風だけでなく、北欧風・南欧風、またクラシックスタイルやモダンスタイルといった具合にです。

しかし、せっかくこだわって建てたデザインでも、色選びを間違えると全く違ったテイストに見えたり、他のテイストではおしゃれな色でも見た目が悪くなったりしてしまいます。

テイストにあった色を選ぶ必要があります。ではテイスト別のおしゃれ色を見てみましょう!

和風に合うおしゃれ色

SEQ10016-01

和風にも色んな種類がありますよね。

大抵、和風の家の瓦は銀色や黒といったグレー系の濃い色なので、基本的にどんな種類の和風の家にも白い外壁が似合います。

特に古民家風であれば漆喰による外壁の真っ白な色と柱の黒のコントラストがおしゃれです。

また純和風の家であれば、聚楽のような草色や土色も深みがありナチュラルな木とマッチしておしゃれになります。

洋風に合うおしゃれ色

洋風の場合な年代別に似合う色が違います。

クラシックスタイルであればレンガ風の赤茶色やグレー系を取り入れるといいでしょう。

ポップな雰囲気やカントリースタイルを演出したいのであれば、濃いグリーンもおススメです。

モダンスタイルに合うおしゃれ色

外壁 黒1

モダンな家は単色の濃い色、濃紺や青、グレー使うことでシンプルにそして個性的にモダンな雰囲気を作り出せます。

白と組み合わせてツートンカラーにすると、より濃い色の方がくっきりして近代的な感じになります。

また、自然にも似合うナチュラルモダンにするのであれば、ベージュ系の色を使うのもおしゃれです。

北欧・南欧スタイルに合うおしゃれ色

北欧・南欧の家といえばレンガや土、陶器瓦といった自然素材で作られています。

そのため、土の風合いにちかい黄色やオレンジといった暖色系が基本的に合います。

クリーム系の色に土色の瓦を使うことで、可愛らしく素朴なスタイルを醸し出してくれます。

まとめ

好みもありますし、上記で取り上げた色を使えば絶対におしゃれというわけではありませんが、少なくとも色選びで失敗することを防げます。

また外壁がおしゃれに見えるかは、色だけではなく建物の形やテイストとのバランスも大きく影響します。

サッシや屋根の色とのバランスも関係してくるので、他の家でおしゃれに見える色が自分の家にあてはまるとは限らないことを忘れないようにしてくださいね。

おしゃれな建物の色を参考にしつつシミュレーションソフトなどで、自分の家の写真に色をあてはめてみると分かりやすくなります。ぜひ試してみて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。