外壁塗装・DIYや塗料など住まいの情報を配信してまいります。

af510179af8841876c200f54905a76bd_s

目に見えない部分こそ重要な事ってありませんか?

これは人間の見た目ではなく中身の話、ではなく外壁にあてはまる話です。

外壁も中身である下地が重要なんです。

外壁の塗り替えには、最終的には目に見えなくなるとはいえ、塗装の仕上がりに大きく影響を与える、知っておかなければいけない大切な工程があります。

今回はそんな重要な工程のひとつ、下地処理に関する話をしたいと思います。

 

塗り替えで一番大事なのは下地処理!?

塗装は何のために行うのでしょうか?

見た目を良くするため、イメージを変えるため、という場合もありますが、大抵は建物を守り美観を保つという効果を失った塗装の効果を回復させるため、外壁を長持ちさせて家の寿命を延ばすためではないでしょうか?

下地に関係する工程は、その目的に大きく影響しています。

下地処理って何?

下地と言えば、女性に馴染みがあるのは化粧下地ではないでしょうか?

ファンデーションといった仕上げの化粧を行う前には顔を洗い、スキンケア化粧品を使って肌を整え下地クリームを塗ってから、仕上げの化粧を行いますよね。

外壁も塗装の前に洗浄や補修といった下地を整える準備、工程が必要です。

それが、下地処理と言われるものです。

下地処理をしていないとどうなるの?

下地処理を行わずに塗装だけを行うとどうなってしまうのでしょうか?

塗装によって一時的な見栄えは良くなります。

しかし塗膜の下では、しっかり塗膜を形成できる状況になっていないために、塗料が本来もっている耐用年数前に塗装が剝がれたり、めくれたりしてしまいます。

下地処理がしっかり行われていなければ、高価で高機能の塗料を使っても結果は同じで、塗り替えても何の意味もありません。

また、下地処理を行っていても、その方法が間違っていたり不十分であれば、さらにひび割れを酷くしたり、そこから腐食が進んだりしてしまうので、適正な下地処理を行わなければいけません。

下地処理の方法

先ほどの化粧の例をもう一度考えてみましょう。

皮膚の状態によって、スキンケア商品を使い分けたり、化粧品の組みあわせを変えたりしませんか?

外壁の場合も同じように下地処理の方法は、現在の外壁の劣化状況や外壁材によって異なります。

いくつかの外壁材に応じて一般的に施される下地処理の方法をご紹介したいと思います。

モルタルに生じた クラック(ひび割れ)の下地処理は?

2006_0103_120417-DSC_0324

まず、クラックの幅や長さを測定します。

深さや長さによってどれぐらい下地に影響を与えているか、またクラックの原因を探ることが出来ます。

そしてクラックの補修箇所を忘れないようにするためにも、ラッカースプレーなどでマーキングしておきます。

クラックが浅い場合は、塗装のみで補修できます。

塗装するときに塗料を刷毛で刷り込むように塗ることでクラックを埋めながら処理することが出来ます。

しかし、クラックが0.5mm以上と大きい場合には、電動カッターなどを使いクラック幅を中心に、あえて幅や深さを広げて行うUカット処理の必要があります。

その後処理によって出来た溝を掃除し、シーリング材で溝を埋めます。

そして、フィラーで面を調整し凹凸処理を行ったうえで、塗料を塗ります。

これらの補修によって既存の外壁に施されていたパターンが消されてしまう場合もあります。

その場合は、上からただ塗料を塗っても、のっぺりとしてしまい補修した箇所が分かる仕上がりになってしまいます。

そのため塗装の前に、パターンに合わせた吹き付けを行うなどの、美観に対しての下地処理も忘れないようにしておきましょう。

モルタルが浮いている場合の下地処理は?

モルタルが浮いている原因はクラックなどから水分が浸入し、密着不良を起こしていることにあります。

目に見えない部分でもあるので、モルタルの浮きを打検ハンマーや打診棒使って調査します。

著しい浮きが確認できた箇所は、ラッカースプレーでマーキングして場所と面積を図面に明示しておきます。

補修方法としては、浮き箇所を電動ドリル(φ5)で㎡当たり916穴を目安(2030cmピッチ)としコンクリートに達するまで注入孔をあけ、そこに モルタル接着注入用エポキシ樹脂を注入しコンクリートと接着処理を行います。

注入の際には、注入孔からエポキシ樹脂が流れ出ないようにウエスを詰め、エポキシ樹脂が硬化した後にウエスを抜き取り、最後にセメントフィラーを充填して浮いていた部分の下地処理を行います。

強度を増すために、ステンレスピンを接着穴に挿入するという工夫も多く見られています。

サイディングのシーリングの下地処理は?

img_2184

サイディングの下地処理で特に重要な箇所と言えるのが目地や窓回りのシーリングの処理です。

耐用年数が10年程であるシーリングは定期的にメンテナンスを行い、サイディングの塗装の際にはしっかりと処理が行われた状態にしておく必要があります。

シーリングの下地処理には「増し打ち」と「打ち替え」という工法があります。

  • 増し打ち工法・・・文字通り新しいシーリング材を追加、増していく方法です。劣化部分が少なく弾力性が全体的に残っている場合は、増し打ち工法で行われます。
  • 打ち替え工法・・・シーリング材は厚みや弾力性がなければ、その機能を発揮しません。そのため劣化が激しく、増し打ちでは厚みが取れない場合は、既存のシーリングを撤去した新しいシーリング材に打ち替える打ち替え工法がとられます。

基本中の基本、洗浄も忘れないで!

048e1e14a30a89b1e118fbe732c7b465

下地処理というと、すでにクラックが入っていたり錆が出ていたりする部分の補修というイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。

見た目には補修が必要な大きな問題が無いとしても、常に紫外線や雨風に晒されている外壁は、細かいホコリや汚れ、コケが付着しています。

これらを落とさずにそのまま塗装してしまうと塗膜が形成されにくくなり耐久性が弱くなってしまいます。

塗装する下地を綺麗にするという点で基本でもある洗浄を忘れないようにしましょう。

一般的には高圧洗浄によって洗い流しますが、金属系のサイディングなど、高圧洗浄機が使えないものもあるので、注意が必要です。

まとめ

下地の状態は外壁を塗装してからは目に見えません。

それでも重要なのは中身、下地の状態です。下地が整っていなければ、塗料は本来の効果を発揮できず耐久性が下がるため、数年で劣化が起こり始めます。

塗り替えの際には、塗料の種類や塗る工程だけに注目してはいけません。

最も重要で、外壁の耐久性を握る下地処理の工程も適正に行わなければなりません。

下地処理がしっかり行えている業者ほど、塗装の仕上がりや数年後の耐久性も良いものにできます。

ですから、見積もりの時点で塗装工程だけでなく、下地処理の方法や工程を説明してもらうなど、確認しておくことは悪質施工をさせないためにも効果的な方法です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。