外壁塗装・DIYや塗料など住まいの情報を配信してまいります。

m_e5a4a7e3818de381aae7aa93e381aee4bb98e38184e3819fe382ace383ace383bce382b8e3838fe382a6e382b9-541b9

大抵の新築では、サイディング材による外壁が採用されるようになっています。

デザインも豊富で一般的に使われているサイディングですが、その種類によってメリットやデメリットが異なるため、施工方法やメンテナンスの際に注意すべき点が違います。

今回は、サイディングのメリットとデメリットに注目してみたいと思います。

目次

サイディングとは?

サイディングは外壁材のひとつで、工場でパネル状に生産されているため、品質が均一で比較的低価格なもので日本では主流となっています。

サイディングが人気の理由のひとつに、多種多様なデザインという点がありますが、それはデザイン性だけでなく、そもそも、金属系や窯業系、樹脂系、木質系と素材が違うという点からもデザイン性が変わってきます。

サイディングの種類には、金属系や樹脂系、木質系、そして日本で一番使われている窯業系サイディングがあります。

窯業系サイディングとは?メリットとデメリットを知ろう!

gaiheki02

窯業とは?

窯業は、粘土やケイ砂、石灰岩などを高熱処理することで、陶磁器、瓦、ガラス、セメントなど、非金属原料を製造する工業のことで、窯(かま)を使用するため窯業(ようぎょう)と呼ばれています。

英語では、セラミックスと言います。

窯業系サイディングとは?

窯業系サイディングとは、主原料となるセメント質材料に繊維質原料と混和材、水を混ぜて窯で焼いたものです。

日本で最もポピュラーなサイディング材となっているおり、戸建て住宅の外壁の7割以上は窯業系が使われています。

窯業系サイディングのメリットとデメリットは?

サイディングの種類の中で、窯業系サイディングが最もポピュラーになっているとはいえ、デメリットが無いわけではありません。

窯業系サイディングを採用する際やメンテナンスを適正に行うためには、メリットだけでなくデメリットを把握しておくことも重要になります。

では、窯業系サイディングのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

窯業系サイディングのメリット

%e7%aa%af%e6%a5%ad%e7%b3%bb%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

サイディングなのにレンガやタイルやモルタルみたい?!

窯業系サイディングは他のサイディング材の中でも豊富なバリエーションを誇っています。

デザインは無地だけでなく、サイディングでありながら、モルタルやタイル、レンガ、木といった一見、他の素材と違いが分からないほど、様々な素材風のデザインがあります。

メンテナンスが大変だから木には出来ない、コストが高いのでレンガには出来ないと思っても、窯業系サイディングであれば、見た目を木調やレンガ調の外壁にすることが出来るのです。

耐火性に優れている

モルタルと同様、窯業系サイディングの主原料はセメントなので、火に強いという特徴を持っています。

窯業系サイディングを扱う各メーカーでは、建築基準法に基づいた防火性能試験を行っており、不燃材料として国土交通大臣による耐火構造・防火構造の認定を受けた耐火性に特にすぐれたサイディング材です。

軽量で耐震性・耐久性に優れている

セメントに繊維を加えることによって補強効果が増し、厚みが1420mm程度の薄いボードでも曲げや引っ張りに抵抗する強度を持っています。

また、繊維質原料以外にも混和材を加えることで、一般のモルタルやコンクリートの比重の1/2以下の軽さによって、建物にも負担をかけず耐震性に優れています。

塗装の品質が安定していて工期が短い

窯業系サイディングの表面は塗装が施されていますが、その塗装は前もって工場内で塗装されて出荷されるものと、無塗装で出荷されて現場で塗装されるものがあります。

しかし窯業系の9割は工場で塗装されているため、塗装の天候や温度に左右されることなく塗膜の品質が安定しています。

塗装の工事期間が無くなる分、工期も短くてすみます。

窯業系サイディングのデメリット

熱を吸収しやすい

金属系に比べると、熱伝導率が低いとはいえ窯業サイディングもセメントの塊でもあるので熱を溜めやすい傾向があります。

そのため真夏に直射日光を浴びると、表面温度が60度以上になることもあります。

その熱が室内に放射されるわけですから、建物全体が熱くなり蓄熱してしまいます。

塗り替えの際には遮熱塗料を選ぶなどの対策が必要かもしれませんね。

焼き物だから水で変形してしまう

窯業系は焼き物ですので水を吸収しやすく、しかも水や湿気を吸うと伸び、乾くと縮むという性質があるため、これによって水を含んだ場合ひび割れを起こしてしまいます。

特に、サイディングの継ぎ目であるシーリングが劣化してしまい、破断したり割れたりしてしまうと、この部分から水を吸収しボードに水分を伝えてしまします。

この変形を防ぐためには、水や湿気からサイディングを守る必要があるので、サイディングの表面を防水性に優れた塗装で覆うことや、サイディングの裏面が防水紙に密着してしまう直張り工法ではなく、隙間を空ける外壁通気構法で必ず施工することによって、また目地を定期的に点検して早めの目地打ち替えや再塗装を施して防ぐようにしましょう。

 

窯業系サイディングのメンテナンス方法について

窯業系サイディングは、新築・リフォーム共に人気の外壁材です。

耐用年数も比較的長く、丈夫な家を手に入れるためにも欠かせない窯業系サイディングですが、メンテナンスの方法や発生時期を知っておかなければ、予想以上に早く劣化が生じる場合もあります。

今回は、窯業系サイディングの特徴と、メンテナンスの方法についてご紹介します。

サイディングの窯業系と金属系の違い

サイディング材には素材の異なる2種類のタイプがあり、それぞれ違う特徴を持っています。

窯業系サイディングの特徴

窯業系サイディングとは、セメントに繊維質原料を加え、板状に成型して作る外壁材です。

デザインが豊富で選びやすく、価格帯も比較的安定しているため、近年使われる外壁材の中ではメジャーな存在です。

施工の際は躯体に釘打ちし、板の隙間にシーリングを埋め込んで処理します。

 

窯業系サイディングのメンテナンス方法

外壁サイディングの雨漏り

窯業系サイディングは、素材そのものの耐用年数は約30年と言われます。

しかし、約1020年以内に表面の塗装が劣化しますので、本体の耐久性を維持するためにも再塗装リフォームが必要です。

また、窯業系サイディングで特に注意しなければならないのが、目地のシーリングです。

シーリングは塗装よりも先に劣化するため、約5年に1度は点検や打替えが発生します。

そのほか、お風呂場など水回り設備付近の外壁や、日当たりの悪い方角の外壁は、窯業系サイディングの表面にカビやコケが生えやすくなります。

特に、表面の凹凸が多いデザインは目地に汚れが溜まりやすく、カビやコケを繁殖させる原因となってしまいます。

あるいは、表面に生じたクラックをパテ埋めする補修工事や、板が反ったときには状況に応じて釘の打ち直しが発生することもあります。

窯業系サイディングを長持ちさせるために

窯業系サイディングを長持ちさせるためには、メンテナンスを減らす工夫が大切です。

例えば、立地的に日当たりが悪い場合は、コケやカビ対策として、表面に凹凸が少ないデザインを選ぶと良いでしょう。

そのほか、最もメンテナンス頻度が多いシーリング部分を無くす方法として、シーリングレス工法の商品を選ぶという方法もあります。

ただし施工費用は通常のタイプに比べると高額になり、メーカー独自の工法や接続部材を使わなければ、アフター保証の対象外となることもあります。

導入コストを優先するか、何度も発生するメンテナンスを抑えるか、よく検討したうえで選びましょう。

豊富なデザインバリエーションや安定した価格帯などで人気の窯業系サイディングですが、どんな外壁もいずれはメンテナンスが必要になります。

「メンテナンスフリー」といった宣伝に惑わされず、メンテナンスの種類を知って、それらを減らす工夫を取り入れると良いでしょう。

窯業系サイディングのまとめ

サイディングの種類の中でも、最もデザインが豊富なサイディング材といえば窯業系サイディングです。

その種類の豊富さから日本の戸建て住宅の7割以上で採用されています。

主原料がセメントであることから、耐火性や耐久性に優れている一方で、防水性には劣っており水を含むと変形や伸縮によってひび割れを起こす危険性があります。

そのため、表面の塗装がサイディングボードそのものの寿命と直結する大きな役割を担っています。

窯業系サイディングを長持ちさせて、そのデザイン性を楽しむためには、塗料の種類や貼り方に注意が必要となります。

また、表面の塗膜の劣化やシーリング材の劣化に目ざとくあるよう定期的なメンテナンスも忘れないようにしましょう!

金属系サイディングとは?メリットとデメリットを知ろう!

20130430-01

建物のデザイン性を決めるだけでなく雨風や日光から守り、そのことによって私達や生活を守ってくれている外壁。

そんな外壁には様々な種類があり、種類によって機能やデザインも異なります。

一昔前まではモルタル仕上げが一般的でしたが、最近はサイディングと呼ばれる外壁材の使用が一般化されています。

サイディングとはどのようなものなのか、そしてサイディングの中でもモダンな建物を演出する金属系サイディングにスポットをあててご紹介したいと思います。

金属系サイディングとは?

サイディングの種類のひとつである金属系サイディングとはどのようなものなのか?

表面はアルミやスチールといった金属で、凹凸などの加工を施し裏面に断熱材をつけたサイディングです。

主に、バリエーションが豊富で安価なガルバリウム鋼板製と錆や腐食に強いアルミニウム製の2種類が金属系サイディングでは主流となっています。

取付けが簡単で塗装による仕上げがいらないため工事の短縮が可能です。

金属系サイディングの特徴

金属を成形して作るサイディング材で、窯業系に比べてスタイリッシュな見た目をしています。

外壁材の中でも軽く、躯体にかかる負荷を軽減することができます。

金属系サイディングのメリットとデメリットは?

サイディングには、いくつかの種類があるため、それぞれの種類によってメリットやデメリット、耐久年数が異なります。

そのため、外壁にサイディングを採用する場合や、賢くメンテナンスを行う場合にもそれぞれの特徴を把握しておく必要があります。

金属系サイディングのメリットとデメリットとはどんな点でしょうか?見てみましょう。

金属系サイディングのメリット

%e9%87%91%e5%b1%9e%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

モダンな外壁には最適なデザイン性

好き嫌いはあるかと思いますが、モダンでシンプルな建物を演出する外壁には特に適したデザインといえます。

似たような見た目にトタンがありますが、トタンは亜鉛めっき鋼板であるのに対し、ガルバリウムはアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板なので、錆びにくく通常のトタンより4倍も防錆性が強くなっており、モダンな外壁材としてデザイン性と機能性を兼ね備えています。

耐熱性に優れているから省エネ!

サイディング自体の内部に断熱材が入っているため、窯業系サイディングなどと比べて圧倒的に断熱性が高くなります。

外壁が断熱性に優れていると、室内の冷暖房にも影響を与えるので省エネになります。

軽量だから耐震性に優れている

耐震性に優れている外壁材の条件として挙げられるのは、軽くて構造に負担をかけないという点です。

その点で金属系サイディングのひとつであるガルバリウム鋼板は窯業系サイディングと比べ約1/5ほどの軽量です。

サイディング材自体が軽く建物に負担をかけないため、地震によるヒビ割れや落下を最小限に防げます。

防水性に優れているため耐凍害性も高い

表面が金属であるため吸水性がないので、吸水して水が内部にしみ込んでしまう心配がありません。窯業系サイディングのように、塗装がはがれ水を吸収してしまう状態になると、内部にしみ込んだ水が凍結し膨張してサイディングや外壁を破壊してしまう場合があります。しかし金属系サイディングは防水性に優れているため、凍結の心配もなく寒冷地での使用に適しています。

金属系サイディングのデメリット

%e9%87%91%e5%b1%9e%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%9f%b3%e7%a9%8d%e3%81%bf

デリケートな材質でメンテナンスに注意が必要

金属系サイディングの代表的なものとも言えるガルバリウム鋼板はデリケートな材質なので、物があたるとすぐにへこんでしまいます。

そのため、メンテナンスの時に水洗いする場合も、家庭用であったとしても高圧洗浄機の使用は向いていないので、優しく水洗いする必要があります。

水圧だけでなく有機溶剤を使わないようにするなど、メンテナンスに気を使うという点もデメリットのひとつです。

錆びないわけではない!

同じ金属系でもトタンと比べて防錆性が強くなっているとはいえ、やはり素材は金属です。

他のサイディング材と比べると一番のデメリットとなるのが錆の発生という点です。

特に表面の塗装が劣化してしまうと防錆効果が低くなるため、錆の影響が広がってしまいます。

錆に弱いため、酸性雨や塩害の影響を受けやすいサイディング材とも言えます。

海の近くの外壁には適さないサイディング材と言えます。

金属系サイディングまとめ

数あるサイディング材の中で、モダンな外壁を演出するのに最も適したデザイン性をもっているとも言えるのが「金属系サイディング」です。

金属ならではのシャープな材質がモダンな雰囲気を表現でき、軽量で耐震性に優れ、断熱性が入っていることから断熱性に優れている一方で、金属ゆえに錆や衝撃に弱いというデメリットもあります。

外壁材の種類や、サイディングの中でもその種類によってメリットやデメリットは異なります。

デザイン性だけでなく、立地環境や建物の条件にあった外壁材を選ぶ必要があります。金属系サイディングを選択肢のひとつとする場合は、ぜひ今回取り上げた点を参考にしてみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。