外壁塗装・DIYや塗料など住まいの情報を配信してまいります。

nuret_lp_61

DIYが人気を集めている中で、外壁塗装も自分で出来ないのかと思っておられる方も増えているようです。

一軒家の外壁を実際にチャレンジした方もおられます。

やってみたいけど、大変そう・・・素人でも出来るの?という方に、外壁塗装をDIYする流れと費用をご紹介してまいります。

DIY外壁塗装までの準備と費用

結論から言いますと、一般の方でも、外壁をDIY塗装することは少々時間と労力がかかりますが出来ます!それに専門の業者に頼むより費用はかかりません!

一戸建ての外壁塗装を実際にプロにお願いすると相場は90万~120万円程かかってしまいます。

それに対してDIYで塗装する場合は30万~50万円程度で抑えられるのです。

金額の点では業者に頼むより半分以上安く出来るのです。

ただ塗装を行うまでには、道具や塗料を揃えるなど下準備が必要となりますし、塗装の作業に時間もかかります。

外壁をDIY塗装するには、どんな準備が必要で何にどれぐらい費用がかかるのでしょうか?

足場は必要?!

CondorAsibadai脚立やはしごを持っている方は多いかと思いますが、安全に塗装するためには、塗装業者が使うように「仮設足場」が必要です。

足場があるなら安全に行えるだけでなく塗装の効率も上がります。

階数関係なく平屋であっても足場を設置しましょう!足場の種類は様々で枠組足場や単管足場などがあります。

足場は用途によっても使い分けられていて、外壁塗装に適した足場、例えば「くさび連結式足場」などを使用しましょう。

足場をホームセンターで購入したり、レンタルして自分で設置することも出来ますが、不慣れな設置で外壁に傷をつけてしまったり、外壁だけならともかく設置が完璧に出来なかったために足場が悪いと、落下にもつながり危険ですので、足場は設置を行ってくれる専門業者に頼むようにしましょう。

月単位で金額が変わる場合が多く一軒家の足場設置料の相場は15万円前後となります。

設置期間が長くなれば延滞料もかかりますので注意が必要です。

道具を揃える

最低限必要となるのは、塗料を塗るための刷毛とローラー、養生テープ、マスカーです。

加えてヘルメットも忘れてはいけません。これらは、ホームセンターで、それぞれ数千円で手に入ります。

この基本的な道具に加え、外壁の状態に合わせて、下地処理用の補修のための道具や材料が必要となります。

例えば劣化してヒビが生じている部分にはシーリング材を、目地部分の劣化にはコーキング材を使用して処理を行います。

これらもホームセンターで1,000円前後で手に入りますので、道具選びや塗り方などで分からない事があればホームセンターの店員さんや塗料販売店さんにDIY塗装の相談などするのも良いかも知れませんね。

塗料を選ぶ

%e7%84%a1%e6%a9%9f%e7%b3%bb%e5%a1%97%e6%96%99

塗料には、色や耐久性、種類を含めるとかなりの数があります。

それぞれ、金額も異なるので慎重に選ばなければなりません。また、外壁塗装では下塗り・中塗り・上塗りと最低でも3回塗る必要があり、塗料も下塗り用と、中塗り&上塗り用の2種類は必要になります。

下塗りには「シーラー」や「フィラー」と呼ばれる接着塗料を塗って塗料同士の密着性を高めます。

上塗りの塗料との相性もあるので、注意が必要です。費用は3万~5万円程です。加えて中塗り・上塗りに使う塗料は金額や耐久性によって決めます。

値段の安さを比較すると安い順から、アクリル塗料→ウレタン塗料→シリコン塗料→フッ素塗料となります。

耐久年数もほぼ同じ並びで、価格が安いと耐久年数も短い傾向にあります。選ぶ塗料によって金額が異なりますが、1缶15kgで1万~6万円程です。

1缶15kgで50~80㎡程度塗装出来ます。

DIY外壁塗装の流れ

材料や道具が揃えば、DIY外壁塗装の開始です!しかし、ただ塗れば良いと言うわけではなく、流れや、その時々に注意しなければいけない点があります。

それを疎かにしてしまうと、塗装の完成度に大きく影響し、最悪の場合には建物を悪くしてしまう可能性もあるので、流れや注意事項はしっかりおさえておきましょう。

外壁を洗浄する!

まず、塗装の前に外壁についた汚れや砂埃を綺麗に落としておく必要があります。

目に見えないホコリなどが外壁には沢山ついているので、高圧洗浄機などを使って洗い流します。

コケやカビなど目に見える汚れはブラシなどでこすって落としておきましょう。

この作業を怠ると、汚れの上から塗装をすることになり、粘着力が弱くなるので、すぐに塗料が剥がれてくるなどの施工不良を起こします。

また、洗浄した後には外壁に水分が残らないようにしっかり乾燥させることも重要です。

窓などにマスキング養生で汚れを防止

IMG_2241

塗装の必要ない部分や塗料で汚れるのを防ぎたい床などを、ビニールやテープによって保護しておきます。

養生の作業は大変ですが、養生がしっかりできていれば完成も綺麗ですし、汚れをふき取る手間もかかりません。

養生しやすい材料にマスカーと言われるテープとシートが一体となったものがあります。

それらの材料を使って綺麗に養生を行いましょう。

ひび割れや劣化箇所に下地処理!

外壁の現状をしっかり確認しておきましょう。

コーキングがすでに劣化していたり、ヒビが入っていたりする場合は、その部分をシーリング材やコーキング材で補修しておく必要があります。

塗装すれば大丈夫というわけではありません。

補修をしておかなければ、塗膜が弱くなりますし、そこから雨水などが染み込んで構造体を腐食させる可能性があります。

下塗り⇒中塗り⇒上塗りと塗り進める!

IMG_2244

ここまでの準備を終えて、はじめて外壁を塗ることができます。

大抵の塗料はメーカーにより重ね塗りをするように作られているので、その規定の回数を守らなければいけません。

大抵は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを行います。

重ね塗りをすることで耐久性が高まるのです。

そして塗装する点で特に注意しなければいけないのは、乾燥時間です。

塗料には適正な乾燥時間が定められています。

最低でもその時間を守りましょう。雨の日は塗らない、湿度の高い日は乾燥時間を長めにとるなどして調整しましょう。

重ね塗りの工程を省いたり、確実に乾燥させてから次の工程に進めたりしなければ、塗膜が弱くなり剥がれるなどの施工不良を起こします。

餅屋は餅屋に!プロに任せるのもアリ!?

外壁塗装をDIYする理由は何でしょうか?塗るのが楽しい、自分でやってみたい!といった理由であれば、1度はDIYにチャレンジするのも良いかもしれません。

しかし、家の耐久性や値段を安く抑えることを考えてであればプロをおススメします。

今まで考えてきた通り、一般の方がDIYで塗装をすることは出来ますが、大変な作業です。

完成度や耐久性の点では、悪徳業者が塗らない限りプロの技術には敵いません。洗浄ひとつをとっても、業者が使う高圧洗浄機の力はホームセンターで購入できるものとかなり違うので、外壁を綺麗にするという基礎的なところで実は違いが出てしまうのです。

また、塗装する人数や天候にもよりますが、自分で行うとすべての工程で3ヶ月程はかかるようですが、プロであれば塗装は最短4日程度で終わり2週間もあれば全行程が終わります。

時間をかけて塗装しても問題はないですが、足場が3ヶ月もかかっているのは、家の中で過ごす人にとってはあまり快適とはいえません。

また費用の点でもDIYで一見安く抑えられたと感じても、あまり耐久性がなく、数年後にすぐに塗装を行うのであれば二重に費用もかかってしまいます。

家の耐久性やコスト面を計算して餅屋は餅屋に任せるという選択もアリなのではないでしょうか!?

DIY外壁塗装までの準備と費用のまとめ

一般の方でも外壁をDIY塗装することは出来ます。しかも業者に頼むより費用は安くなります。

しかし、作業工程に注意すべきことがいくつかありますし、時間もかかってしまいます。

余裕をもって、黙々とやれる方にはDIYでの外壁塗装もおススメですが、工期や耐久性、仕上がりを考えるならやはりプロには敵いません。

大きな作業ですし、費用もかかるのでどちらで行うか慎重に検討して良い計画のもとに行いましょう。

もし業者に頼む場合でも、悪徳業者につかまること、施工不良を防ぐことが出来るので、自分で塗装するつもりで工程や注意事項を把握していることも無駄ではありません!

DIYで塗る時のチェックポイント

DIYで塗装をする際には、初めてか経験者かに関わらず、いくつかのポイントをおさえチェックを行いながら進めていくことで、手際よく準備をして、上手に塗る助けとなります。

では質問形式で、DIYで塗装する際のチェックポイントを確認してみましょう!

どこに・何に・何のために塗るの?

まず初めに「どこに・何に・何のために」塗るかという点が基本となります。目的を明確にするために確認してみましょう!

どこに塗るの?

一番はじめのチェックポイントとして「どこに塗るか」という対象物を確認しましょう。

家の中で使うものなのか、それとも外で使うものでしょうか?

小さな小物や家具でしょうか?

室内の壁や外壁といった大きなものを塗るのでしょうか?

どこに塗るかによって、必要な塗料の量や種類も変わってきます。

何に塗るの?

木製なのか、プラスチック製なのか、外壁であればサイディングなのか、モルタルなのか、環境や対象物そのものだけでなく塗装したいと思っている対象物の材質も確認する必要があります。

それは、全ての塗料が全ての材質に適合していないからです。

材質と塗料の相性が悪いものを選んで塗ってしまうと、上手く塗料が密着しなかったりすぐに色落ちしてしまったりする場合があります。

塗る対象となる物の材質が確認出来れば、どんな塗料が適しているか、どんな道具で塗れば良いかも見極めやすくなります。

何のために塗るの?

何のためにという、塗る目的は特に重要なポイントといえるでしょう。

劣化したため、また補修のために「塗装するものを守る」という目的のために塗るかもしれません。

もしくは色を変えるために、デザイン性を高めるための「綺麗にする。オシャレにする」といった目的のための塗装もあります。

また、塗装をする目的だけでなく、動機や自分の経験レベルも「何のために」という点に関係してくるかもしれません。

初めて塗装に挑戦するのであれば、初心者向きの道具や塗料を使ってみることや、逆に何度も塗装を楽しみ、腕を上げたいのであれば、新しい道具や仕上げ方に挑戦してみるというのも、ある意味目的のひとつといえます。

何で・何を使って・どのように塗るの?

塗る場所や目的が明確になったのであれば、次はその条件に適した塗料や道具を検討する必要があります。

その際に考えたいのは「何で・何を使って・どのように」塗るのかという点です。

何で塗るの?

塗る素材である塗料は、ホームセンターやネットで購入できるもの、業務用、最近はちょっとした小物を塗るためにスーパーや百均でも売られているほどで、かなりの数の種類の塗料があります。

材質や目的が明確になっているとはいえ数ある塗料の中から、塗る対象物に適したものを選ぶのは大変かもしれません。

しかし、仕上がりにも大きく影響を与えるので、塗料の種類、色や仕上がり、などを比較してしっかり検討しながら選んでみて下さい。

DIY用に開発された初心者でも塗りやすい塗料もあるので、初めて挑戦するのであれば選択肢のひとつに入れてみるのも良いかもしれませんね。

何を使って塗るの?

手で塗れるような絵具のような塗料も開発されていますが、大抵の場合は何か道具を使って塗ることになります。

この場合も塗る対象物の素材や塗料の種類によって異なりますが、小さな物であれば筆、大きな物は刷毛やローラーといった道具を使います。

刷毛ひとつとっても毛の種類や長さが色々ありますし、ローラーも大きさや種類がいくつかあります。

プロ使用のものもあります。

また、何を使うかは仕上げの方法、見せ方にも関係があります。

塗装面に表情をつけたいのであれば、凹凸や模様がつけることの出来る専用のローラーを使うことや、刷毛やコテを使って自分でデザインをつけるという方法もあります。

塗料と組み合わせて、道具選びも重要な準備のポイントです。

どのように塗るの?

どのように塗るかという点では、工程や期間を計画しておくことが含まれます。

小物と違って家具や壁の塗装になると、周りに塗料がつかないように養生が必要かもしれません。

養生や洗浄といった塗装前の下準備といった工程を確認しておきましょう。

また塗料によっては、何度か重ね塗りが必要なタイプもありますし、重ね塗りを行う場合には、十分に乾燥させる時間も必要かもしれません。

時間が無い時に無理矢理はじめて、中途半端になってしまったり、せっかく塗ったのに仕上がりが悪くなったりしては勿体無いですよね。

どれぐらいの時間がかかるのか、日数が必要なのか確認しておく必要があります。

でも、時間に追われずにのんびり自分のペースで塗れるというのもDIYの良いところなので、必要な工程をおさえるのみにして、あまり細かく予定を立てすぎないのもDIYの醍醐味かもしれませんね。

DIYで塗る時のチェックポイントのまとめ

上記であげたチェックポイントの質問を確認することで、塗装をするときにどんな塗料や道具が必要で適しているか、どのような工程でどれぐらいの時間をかけて塗っていくのかなど、大体の流れを把握することができます。

ポイントをおさえることで、効率よく上手に塗る助けになりますが、実際に塗ってみないと分からないこともあります。

プロでも初めは失敗を繰り返し、何度も経験を重ねて上手くなっていきますよね!

まずは、DIYを楽しむという大きな目標を掲げ、挑戦しつつ改良や改善を重ねてDIYによる塗装の腕を磨いていって下さいね!

DIYでの塗装に使える・向いている塗料をご紹介します!

%e7%84%a1%e6%a9%9f%e7%b3%bb%e5%a1%97%e6%96%99

DIYで塗装しようと思っている方は、ホームセンターに行くと圧倒されそうなほどの塗料の種類で、何がどう違うのか、どこを塗るのに適しているのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

DIYでの塗装に挑戦する前に、塗料の種類や特徴について把握しておくのはいかがでしょうか?

塗料は2つの成分で出来ている!

塗料は樹脂や顔料といった「塗膜になる成分」と溶剤の「塗膜にならない成分」、2つの成分からできています。

主成分となる樹脂には、アクリル樹脂、アルキッド樹脂、ウレタン樹脂などの合成樹脂が使われています。

また、顔料とは、色を出す成分のことで、他にも塗膜に厚みをもたせる役目も持っています。

そして、塗膜にならない溶剤は、塗料を液体化にし、塗膜が塗装後乾燥すると、揮発や蒸発によってなくなってしまうものです。

そのほか、塗料の中には、沈澱防止剤や防腐剤、防カビ剤、色分かれ防止剤などの添加剤が塗料の種類に応じて入っています。

溶剤が違う2つの塗料

まず、塗料は溶剤の種類によって、水性塗料と油性塗料の2つに大きく分けられます。それぞれの特徴を見てみましょう。

水性塗料

ホームセンターで売られている塗料の大半がこの水性塗料です。

水性塗料は溶剤の成分が水で出来ています。この水という特徴ゆえにDIYに最も適した塗料としてポピュラーなものとなっています。

水が主原料であるため、臭いが強くなく、安全で環境にも優しいという特徴があります。

そのため室内や家具、小物と幅広く使えるうえに、水で薄めて使うことも出来ますし、乾燥時間も短く、手についても乾く前に洗えば、すぐに洗い落とすことが出来るのでDIYで使うには使いやすい塗料です。

また、保管する際にも特別な注意は必要なく、安心して保管できるので、部屋で管理することが出来、前もって塗料を揃えて、自分のペースでゆっくり塗っていったとしても心配が無いのはDIYをする者としては嬉しいですね。

その一方で水性塗料のデメリットとして挙げられる点は、油性塗料に比べ耐久性といった機能の面で劣っているという点です。

また気温や湿度の影響を受けやすいという特徴もあります。

仕上がりは油性のような艶感を期待できません。しかし自然な色合いを出すには水性塗料が丁度良いかもしれませんね。

油性塗料

水性塗料に比べホームセンターであまり売られていないとはいえ、耐久性があり高機能で外壁塗装に適した塗料としてDIYでも使われているのが油性塗料です。

水性塗料の溶剤が水であるのに対し、油性塗料の溶剤は有機溶剤と呼ばれるものが入っています。

そのため、溶剤が揮発するときに強い臭いが伴います。

油性塗料が臭いと言われるのはこのせいです。室内で使用することも出来ますが換気が必要です。

油性塗料による仕上がりは艶があり美しいものとなりますが有機溶剤の中には、人体や環境に影響を与えるものもあるので、機能重視で採用する場合以外ではあまりDIYには適していないかもしれません。

しかし、最近の油性塗料は、人体や環境に配慮されたものも開発されているので、機能重視の場合や外壁塗装を行う場合には、そのような種類を選ぶことも出来るかもしれません。

木を塗るなら木部用塗料を使おう!

DIYで塗装することが多いものに、木製の家具や小物があります。

水性塗料でしっかり着色しえしまう場合もありますが、できる事なら木目を生かした塗装を行いたいと思いませんか?

塗料は色をつけるだけではありません。

木部用塗料を使うなら木目の美しさを引き立てながら保護する機能も果たしてくれます。

木部用塗料にもいくつか種類があり、それぞれ特徴も異なるので、ご紹介したいと思います。

ニス

ニスという呼び名で知られていますが、正式にはワニスという名称で、水性ニス、水性ウレタンニス、油性ニスがあります。

色付きの着色ニスもありますが、基本的には無色で硬い透明の塗膜を作り木部を保護する働きがあります。

ニスの種類によって硬さが様々なので、艶出し用に使われるものや、硬いものは床用として使われるものもあります。

DIYで塗装する際には、刷毛塗りタイプが一般的ですが、補修用などにスプレータイプのものもあり、手軽に使えます。

ステイン

オイルステイン塗装

ステインとは着色剤という意味があり、木目を残したまま好みの色に塗装することが出来る塗料です。

ステインはDIYで初めて木部を塗装する入門用に適した塗料で、ほとんど失敗することなく木目を残した美しく塗ることができます。

着色することが基本で、塗膜を作らないため保護効果がないので、傷には弱いというデメリットがあります。

屋外のものや、実用的なものに塗装する場合は、ステインで色を付けた後にニスで上塗りして保護することをおススメします。

ワックス(オイル・蜜ロウ)

1472105244

植物などから油分を採取して作られている塗料もあります。

液体のものをオイル、半固形のものがワックスです。

油分によって木材の表面に撥水性をもたせ、艶を出すことができます。

ステインのように刷り込むことで色が濃くなりますが、保護の効果はないので、傷には弱いです。

ワックスで塗装する場合は布で刷り込むようにして塗布していきます。また、ワックスの一種で自然塗料のひとつ「蜜ロウ」という塗料もあります。

ミツバチの巣を構成する成分を精製してつくられるので、安全性が高くナチュラル色での塗装がメインとなります。

柿渋

日本で昔から使用されていた自然素材の塗料といえば、柿渋による塗装です。

柿渋に含まれるタンニンという成分が塗膜を形成します。木部用塗料としてだけではなく、漆塗りの下塗り材としても使用されています。

柿渋の色は基本的に茶系で、松煙などの顔料を混ぜて着色し使用します。

水性塗料のように、水で薄めながら刷毛で塗ることが出来ます。

木の風合いや天然塗料にこだわるなら柿渋がおススメです!

 

DIY塗料のまとめ

塗料には、水性塗料と油性塗料といった大きくわけて溶剤の違いによる2つの種類があります。

DIYで塗装するのであれば、ホームセンターで安価で手に入り、人体にも優しく塗りやすい水性塗料の方が使いやすいかもしれません。

しかし、高機能で耐久性に富み、艶のある仕上がりとなるといった油性塗料にしかないメリットもあるので、目的や使いやすさに応じて使い分けてみて下さい。

また、DIYの塗装で多い木部の塗装の際には、木目の美しさをいかす木部用塗料がおススメです。

こちらも着色や保護といった目的を考えて、種類を選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。